VCN-530C HS   (ヤマザキマザック製)

高性能立形マシニングセンタ
VCN-530C HS
18000min-1 120N・m 30kW (40HP) [50%ED] のビルトインモータ主軸を搭載し、アルミ加工・金型加工に最適なハイスピード仕様
同クラスの立形マシニングセンタを大きく上回る生産性を実現
素早い送り速度と主軸加減速、工具交換により加工時間を短縮
早送り 52 m/min ・・・・主軸回転数 18000 min-1
ツール・ツー・ツール・・・1.3秒
低振動化した独自の主軸と熱変位補正機能-インテリジェントサーマルシールドにより安定した加工精度を実現
2枚扉による幅広いフロントドアの開口部、テーブルへの寄りつきの良さ、大型窓など段取り作業が楽にできるよう使いやすさを追求
全軸ローラガイドを採用し、各軸にボールねじ軸心冷却を標準装備
優れた操作性を実現するMAZATROL SmoothC(*)を標準搭載
オプションでMAZATROL SmoothGが搭載可能
* 日本の標準搭載機です。市場(国)により標準搭載するCNC装置(MAZATROL SmoothC/MAZATROL SmoothG)が異なります

製品仕様
能力・容量 テーブル幅 1300 mm / 51.180 in
テーブル長さ 550 mm / 21.650 in
主軸 ツールシャンク形式 40
主軸最大回転速度 18000 min-1
自動工具交換装置 刃物工具本数 30
移動量 X軸移動量 1050 mm / 41.34 in
Y軸移動量 530 mm / 20.87 in
Z軸移動量 510 mm / 20.08 in